MoMAオンラインストアジャパン Apple Store(Japan)

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ご無沙汰しております

色々ありまして、更新を滞っておりましたが、近々再開予定です。
以前よりも更新ペースは遅くなると思いますが、またご覧頂ければ幸いです。
スポンサーサイト

| etc | 12:24 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Rory Storm and the Hurricanes - I Can Tell



 ロリー・ストーム&ザ・ハリケーンズは、かつてリンゴ・スターが在籍していたことで知られるバンド。地元リヴァプールでは高い人気を誇り、ハンブルグ巡業時代のビートルズとも度々顔を合わせることがあったそうです。そして62年8月にリンゴはビートルズに引き抜かれることになります。
 この映像はいつ頃収録された物かよくわかりませんが、おそらくリンゴ脱退後の物で、収録場所はリヴァプールのキャヴァーン・クラブだと思います。演奏されている曲は「I Can Tell」63年12月にリリースされたシングル「Dr. Feelgood」のカップリング曲でした。

| Rock [60's] | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Traveling Wilburys - She's My Baby (1990)



 トラヴェリング・ウィルベリーズは1988年に結成された覆面バンド。その実態はボブ・ディラン、ロイ・オービソン、ジョージ・ハリスン、ジェフ・リン、トム・ペティという豪華な顔触れで、各メンバーの所属レーベルが違うために実名を伏せた変名プロジェクトとしてスタートしました。88年10月に1stアルバム「Vol. 1」が発売され、正体が知れ渡ると大きな話題になり、アルバムは大ヒット。しかしこの年の12月にロイ・オービソンが心臓発作で急死してしまったため、活動休止を余儀なくされます。
 この「She's My Baby」は90年11月に残された4人で制作された2ndアルバム「Vol. 3」に収録された曲。リード・ギターを弾いているのは何とゲイリー・ムーア。意外な顔合わせですが、ジョージはゲイリーのアルバム「Still Got The Blues」('90)に「That Kind of Woman」という曲を贈ってゲスト参加しているので、そのお返しというような感じなのかも知れません。
 なぜ2ndなのに「Vol. 3」かというと、ロイの後任メンバーとして「Runaway(悲しき街角)」で知られるデル・シャノンを迎えて「Vol. 2」を制作したものの、デルが90年2月にピストル自殺してしまったため、お蔵入りになったという噂がありますが、真相は定かではありません。

| Rock [90's] | 23:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Sonny Stitt - Lover Man (1964)



 ソニー・スティット(as)、1964年の映像。ドイツのテレビ番組に出演した時の物のようです。パーソネルはウォルター・ビショップ Jr. (p)、トミー・ポッター(b)、ケニー・クラーク(ds)。
 この人はあのチャーリー・パーカーに師事したプレイヤーで、元々アルト奏者だったのですが、パーカーそっくりと評されることを嫌い、49年からはテナーも吹くようになります。確かに高速フレーズをバリバリ吹きまくる所は似ているのですが、パーカーの力強さに比べ,スティットは繊細で流れるような感じ。この「Lover Man」のようなスローな曲になると俄然本領を発揮。かっこいいフレーズを連発します。

| Jazz [60's] | 23:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Peter Gabriel - Solsbury Hill (1994)



 94年に行われたピーター・ガブリエルのSecret World Tourを収めたライヴ・ビデオ「Secret World Live」の映像。このビデオは現在リマスターされ、画角が16:9のワイド・スクリーンとなってDVD化されていますが、こちらは画角4:3のVHSがソースの映像です。メンバーはトニー・レヴィン(b)、デヴィッド・ローズ(g)、マヌ・カッチェ(ds)、ジャン・クロード・ネムロ(kb)、シャンカール(vln)、ポーラ・コール(vo)。
 この時のツアーは、舞台演出にロベール・ルパージュを迎え、数々の趣向を凝らしたシアトリカルなステージが評判を呼びました。
 この「Solsbury Hill」は77年リリースの1stアルバムに収録されていた曲で全英13位を記録。トム・クルーズ主演の映画「バニラ・スカイ」(2001)でも使用されました。スティックをタップしながら踊る?トニー・レヴィンが見ものです。

| Rock [90's] | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Ella Fitzgerald - Dream a Little Dream of Me (1964)



 もう9月も後半だというのに私の住む地域は連日真夏日が続いていますが、今日は秋の夜長にぴったりの曲を。エラ・フィッツジェラルドの「Dream a Little Dream of Me」。かなり画質が悪いですが、エラが64年に来日した際、日本のテレビ番組に出演した時の映像だそうです。

 この曲はFabian Andre, Wilbur Schwandt, Gus Kahnによる共作で、フランキー・レインやママス&パパスなどの演奏が有名。ジャズの世界でもルイ・アームストロング、ジェリー・マリガン、トニー・ベネット、ナット・キング・コールなどの大御所がこぞって取り上げています。近年ではローラ・フィジィが歌ったり、同名の映画も作られるなど(邦題「ドリーム・ドリーム」)、現在でも人気の高い曲。エラは63年にベイシー楽団と共演したアルバム「On the Sunny Side of the Street」で取り上げています。

 片思いの相手を想い、あなたの夢に少しでも私が出てきますようにと願うロマンティックで切ない歌詞。エラは情感たっぷりに歌い上げています。

| Jazz [60's] | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Joe Zawinul In Memoriam (2007)

Part. 1


Part. 2


 9月11日にジョー・ザヴィヌルが故郷のウィーンで亡くなったそうです。享年75歳。
 キャノンボール・アダレイやマイルス・デイヴィスのバンドを経て70年にウェイン・ショーターらとウェザー・リポートを結成。名キーボーディストとしてだけでなく、「In a Silent Way」「Mercy Mercy Mercy」「Birdland」など数多くの名曲を生み出した希代の作曲家・アレンジャーでもありました。
 この映像はオーストリアで放送された追悼番組。ミロスラフ・ヴィトウス在籍時の初期ウェザー・リポートや、同郷の名ピアニスト、フリードリッヒ・グルダとの共演、アダレイ・クインテット時代、名曲Mercy Mercy Mercy、そして今年行われたザヴィヌル・シンジケート結成20周年ツアーの映像などを見ることができます。
 謹んでご冥福をお祈りいたします。

| Jazz [00's] | 23:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。